家

家庭用の防犯カメラで家族の安全を守ろう!

模型と防犯カメラ

防犯対策と映像

防犯対策として広く利用されているものとして、防犯カメラがある。防犯カメラは、設置することで抑止力になるほか、証拠などとしても活用することができる。長時間録画していくためには、画像サイズを落とすかディスク容量を増やす必要がある。

防犯機能を強化

防犯カメラ

住宅の防犯対策

防犯対策として設置される防犯カメラと言うと、銀行や貴金属店などに設置されているようなものをイメージしがちですが、最近では気軽に家庭用の防犯カメラを購入することができます。もちろん、家庭用の防犯カメラは24時間モニターで監視しているようなものではなく、何かがあった時に録画された映像を確認するためのものです。それでも、住宅に設置することで犯罪の抑止効果も期待できますし、万が一犯罪被害にあった場合の早期解決に役立つ場合があります。家庭用のものであっても、最近の防犯カメラは高性能ですので、鮮明に映像をみることができます。また、記録媒体もSDカードなどを利用できる場合がほとんどですので、小型のものがあります。

設置場所の検討方法

防犯カメラを家庭用に設置する場合には、設置目的に応じて設置場所を考える必要があります。外部に浸入しにくい住宅であることを知らせるために取り付けるのであれば、表からでも見える場所に設置することが大切です。駐車場や玄関、勝手口などを撮影するようにしておけば、主要な出入り口を抑えることはできます。できるだけ防犯機能を高めたい、侵入者があった場合には犯人を捕まえる手助けにしたいということであれば、住宅全体の防犯体制をチェックしたうえで、場合によっては警備会社など防犯の専門家の意見も聞いて、設置場所を検討することが大切です。例えば、玄関や勝手口はセンサーライトで人の目を引き付け、家の裏の通路は防犯砂利を敷きつめ、それでも侵入の可能性のある場所に防犯カメラを取り付けるなどの工夫が必要です。